「神によって新しくされる命」(新保恵子牧師)

私達が生きる現実には、思いもよらなかった問題が起きます。その時、神様が共にいてくださることは私達の救いです。イエス様が弟子達と出席されていたカナの婚礼でも、葡萄酒が切れるという問題が起きました。イエス様は召使に、大きな水がめに水を満たすようにと言われた後で「さあ、それをくんで宴会の世話役のところへ持っていきなさい」と言われました。婚礼の世話役が水がめの水を飲むと最上の葡萄酒に変わっていました。世話役は、てっきり新郎が準備したものだと勘違いして、新郎を称えました。でも、それはイエス様が「水」を「葡萄酒」に変えてくださったのでした。神の力の現れでした。「イエスは、この最初のしるしをガリラヤのカナで行って、その栄光を現された。(11節)」とあります。栄光とは、神様の力です。そして神の栄光が最も現された所が十字架でした。十字架の贖いによって、私たちの罪が赦され、神様が私たちと共にいてくださるようになりました。イエス様の十字架と複活によって、命そのものの質が変えられます。この恵みによって、死んだら滅びてしまう私達の「水」に例えられる命が、豊かな「葡萄酒」のような永遠の命へと変えられているのです。(ヨハネによる福音書 2章1~12節)