キリストの愛に生きる(新保能宏牧師)

私達は神から、裁きを受けなければならい事柄も、全てありのままに知られています。その私達を救うために、キリストは十字架に架かり、死んで下さいました。それは、私達が受けなければならない死の裁きです。しかし、キリストはその死から復活し、私達にも永遠の命を約束されました。その私達への愛を知る時、ありのままの自分自身がキリストのものであることに気付かされます。だから、キリストの愛はキリストのために生きる生き方へ導きます。それは、神の力と恵みの中に生き、神の栄光を現わす生き方です。自らの信仰生活を通して、周囲の人々へ救いや恵みを伝え、神の愛の御業に励むことのできる幸いです。(ハバクク書 3 章 1~7 節、及び、コリントの信徒への手紙二 5 章 11~15 節)