「神の御業に参与する」(新保能宏牧師)

献金や奉仕は自発的なものです。なぜなら、そこには喜びがあるからです。神様は私達に多くの恵みや賜物を下さっています。私達自身が神様のものだとすれば、私達が感謝と讃美をもってささげるものは、自分自身をささげることになります。しかも、神様はささげられた私達自身の献金や奉仕を用いて、神様の恵みの御業を成し、神様の御栄光を現わして下さるのです。そうであれば、それは私達自身の喜びであり、恵みとなります。神様はイエス様という最高のささげものを私達に下さいました。私達も神様のお心にお応えしていきたいと思います。たとえ、私達のささげものがどんなに小さくても喜んで下さる神様です。私達も喜んでおささげしたいと思います。(出エジプト記25章1~9節、及び、コリントの信徒への手紙二8章1~7節)