「神さまの家族の恵み」(新保能宏牧師)

十字架にお架かりになったイエス様は、愛する弟子に母マリアを託しました。教会という神の家族が生まれました。神様の愛と神様と共に生きる大切さを伝える教会に生きる人は、神様の家族です。今日は「母の日」です。教会学校の先生をしていたあるお母さんは、神様を信じ、御言葉に生きる大切さを教えました。先生の娘さんと生徒達は大人になり、天に行かれた先生に感謝のしるしとしてカーネーションを飾りました。そして、神様の家族として、自分達も子供達に神様のことを伝え、神様の子供として成長することを祈りました。神様の家族は神様の愛に育まれ、どんな時にも希望に生きる家族だからです。(ヨハネによる福音書19章25~27節)