「闇に輝く愛がある」(新保能宏牧師)

イエス様は弟子達にユダの裏切りの予告をします。聖書はその時「夜であった」と記します。しかし弟子達はユダの裏切りに気が付かないのです。それは弟子達の心にも「夜」という闇があったからです。私達の心にも「夜」の闇があります。しかしイエス様の愛は、この闇を切り裂くような愛です。十字架の光によって、たとえ私達がどんなに濃い闇の中にいようとも、神の愛の光を射し込ませることができるのです。そこに私達の救いがあるからです。(イザヤ書43章8~15節(旧1,131頁)、及び、ヨハネによる福音書13章21~30節(新195頁))