「狭い道の先にあるもの」(菊田行佳牧師)

私たち人間は、何かと誘惑の多い生活をしていると思います。たとえば悪魔のような存在が、私たちを迷わして滅びに至らせようとしていると考えざるをえないことが起こります。それは、キリスト教信仰を持った後も起こることです。いえむしろ、その後の方がより迷い悩むこともあるのです。主イエスも、他の人間と同じようにこの誘惑に遭われました。主イエスは神の言葉に従うことでその誘惑を退けましたが、実はこの誘惑は神の霊から出た試練だったのです。試練を経た後、主イエスを待ち受けていたものはこの世のものとは思えない平安と自由です。神の試練は大きな実りをもたらすのです。(ルカによる福音書4章1~13節(新107頁))

2019年3月10日説教原稿
「狭い道の先にあるもの」(菊田行佳牧師)
2019_3_10_説教原稿.pdf
PDFファイル 258.0 KB