「復活したキリストを見る」(菊田行佳牧師)

死者の中から復活したイエス・キリストが、その姿を現すところとして、教会での礼拝の場が挙げられます。日々の生活の中で疲れて、意気消沈して暗い顔になるとき、復活したキリストは私たちの側に立ち、み言葉によって、また聖餐式を通してその心を回復させてくれます。復活したキリストが私たちの心を捉えることで、また心は燃え上がるのです。そして、また日常の生活に戻ることが出来るのですが、その時、目が開かれそれまでの世界の見方が変わり、視野が広がります。そうして私たちは命が再生されたものとして、再びこの世界に向かって行けるのです。(ルカによる福音書24章13~35節(新160頁))