「イエスの名による救いとは」(菊田行佳牧師)

「救い」といいましても、いろいろな救いがあります。宗教の世界におきましても、その救いの意味や中身が変わってくるものです。キリスト教が提供いたします救いとなりますと、当然一つの救いが念頭にあるはずですが、しかし、今日の聖書箇所では、わざわざ「イエスの名による救い」について言及されているのです。つまり、同じ聖書を読んでいるのに、イエスの名による救いとその他の救いが分けられているのです。どうしてそうなるのかご一緒に考えてみましょう。(使徒言行録4章5~12節 (新219頁))

2019年6月30日説教原稿
「イエスの名による救いとは」(菊田行佳牧師)
2019_6_30 説教原稿.pdf
PDFファイル 321.0 KB