「偶像と神の違いとは何か」(菊田行佳牧師)

「偶像から離れて神に立ち返り、生けるまことの神につかえるようになる」この事が、キリスト教における救済の中の一つとして考えられています。本日の聖書箇所では、このことに忠実に留まっているテサロニケ教会の人々が大変褒められています。もうこれ以上何も教えることがないとさえ、厚く支持されているのです。それでは偶像から離れるということは、いったいどういったことを意味しているのでしょうか。偶像に仕える最も顕著な例として、お金を拝むということがあります。お金ほど私たちを縛りつけて不自由にするものはないとみ言葉・聖書は言います。いったいどうしてでしょうか。(テサロニケの信徒への手紙一1章1~10節 (新374頁))

2019年8月25日 説教原稿
「偶像と神の違いとは何か」(菊田行佳牧師)
2019_8_25 説教原稿.pdf
PDFファイル 311.8 KB